乙女 な 声楽

遊びにいらっしゃいとのお誘い…
ヨーコ先輩とピアニストのMちゃんとご一緒に
門下生一同で声楽の恩師宅へ伺うことになりました。


おん年106才になられた嘉納愛子先生 のお宅訪問。
私たちにとっては、懐かしいホームレッスンの場でもあり、
山田耕筰の愛弟子は、後進に どんな話をお伝え下さるでしょう。


夏7月…訪問の日が待ち遠しくて天にも昇る気持ちです。
歌も聴いて頂こうと、皆の内に機運が盛り上がり、
ヨーコ先輩も私も一曲 用意してゆくことになりました。


遊びにだけ お伺いするつもりの声楽組でしたが、予期せぬ展開に、 
ア~レ~とか ヒェ~ とか悲鳴をあげつつも 選曲に余念なし!
話の展開のもとはと言えば、一途なピアニストMちゃんでして、
彼女の思いが先生に届き この貴重なレッスンが実現するのです。


ピアノ伴奏Mちゃんとの打ち合わせもバッチリ!
お互い学生時代に戻って、音合わせは入念に行いたいと思います。
今回のスケジュールをコーディネイトして下さった素敵な先輩、
ヨーコさんには心より深ーく深く感謝です。


音大生の頃の気持ちがよみがえってくるような、
学生時代に戻ったような、こんな心持ちは久し振り…。
声楽科の乙女な気分で、オペラ・アリア カタラーニ作
《ラ・ワリー》「さようなら故郷の家よ」に取り組みます。
時を経て、再び今、先生に聴いて頂くつもりでいます。


この曲を最後に、
自分が人様に指導させて頂く立場にはあっても、
指導を受ける身からは久しく遠のいていました。
もういっぺん聴いて頂ける機会に恵まれようとは、
先生のお年を考えれば 夢にも思っていなかったことでした。


106才にしてなお、プロの声楽家が教えを乞いにやってくる
奇跡みたいなレッスン…
日本にも世界にもそうあることではありません。
ご長寿から醸し出される人生と、指導からにじみでる人となりを、
存分に吸収してまいりましょう♪


当日の話題にと、山田耕筰自らが歌う「からたちの花」の
古いラジオ番組の中のレコード収録をお持ちする予定。
恩師がそのまた恩師の歌声を聴かれたら、私達同様、
乙女の時代にタイムスリップされるのではと想像しています。
耕筰・愛弟子・孫弟子と3代の揃い踏み(そろいぶみ)、
流れる日本歌曲のスピリットをまた、次に伝えなきゃ。


ここ数日間 お陰さまで
大阪をはじめとして奈良・京都・和歌山を巡り、滋賀とも縁ができ、
歌のライフ・ワークが連日続いて忙しかった。
いよいよ6月、日本一の のっぽビル「ハルカス」の
まなぼスタジオ では お歌のクラブも始動です。


けれど 今、心は、恩師に師事する「お弟子」でいます。
謙虚に音楽と向き合う良いバランスが保てます。
『 遥かなり 音楽の道 』…この道を一筋に歩めて幸せだなあ ♪


資料 *・・・∮・・・*・・・*・・・∮・・・*・・・*・・・∮

IMGP0130.jpg [←往年の新聞記事 クリックすると拡大します]
独唱と管弦楽 山田耕筰 指揮 / 金森愛子(旧姓) ガスビル・ホール

※ NHK (旧 BK)が機材を抱えてスタジオから飛び出した、
  初めての記念すべき中継放送なのだそうです。


プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ