蓮の華

観蓮会が早朝に開かれています。ハスって開く時に「ポン!」と音がするのでしょうか。遠くの公園にはもっと大きな池があって、見渡す限り、この花が水面をおおっています。早起きして一面のハスの花を見にいってこようかな。

蓮華に仏様は立っていらっしゃいます。台座は開いた蓮の花。大きな葉っぱと、ピンク色の花の取り合わせが美しく、ハスの池は極楽浄土を思わせます。ピンクの花は朝に開いたと思ったら、いつの間にか、お昼過ぎにはつぼみます。そして、あくる日にまた咲き、咲ききるとハラリと散るのです。

ひーらいた ひーらいた なんの花がひらいた 
れんげの花が ひーらいた
ひーらいたとおもたら いつのまにか つぼんだ


子どもの頃、輪になり無心で歌ったわらべ歌。田んぼ一面のレンゲ草を想像していました。けれど「れんげ」の花って、朝に開いて昼には閉じる「蓮華」だったのですね。

礼拝堂で三帰依文を歌ったことがあります。
「ブッダーム サラナーム ガッチャー ミー…」
ちなみに寺は「らいはい堂」チャペルは「れいはい堂」と称します。お堂にお経のように声が響き、意味も解らず歌いました。ホトケ様の後光でしょうか、周囲がパーッと明るく照らされていました。ブッダなんて、幼稚園でお釈迦様に甘茶をかけて以来、後にも先にも生涯でただ一度かも…!? 

私は、アメージング・グレイスの讃美歌など、キリスト教っぽいものの方が好きです。けれど、信心や信仰にはかかわりません。いつも、お盆には御先祖様をお祭りする家だったし、神社にもかかわり深く、どの神サマ仏サマもウェルカム。暮らしの中で祈りをささげていたのです。あらゆる文化を懐深く受け入れてきた、典型的な日本人の一人です。

声明の一種を「散華」と言います。また、寺院でハスの花を散らして唱える法要も「散華」と言います。

散った花びらを手のひらにのせました。その花びらは「散り蓮華」の形!? おお!!中華のスプーンは、こんな優雅な名前だったんだ。暮らした異国サンフランシスコは、アジア人も多くて人種のるつぼ。色んな人達が、チャニーズ・レストランで、チョップ・スティック(お箸)やレンゲを操って、食事を楽しんでいたことを思い出します。食を通した世界のアジア。一枚の花びらに小さな世界が見えました。

店先にお供えのハスの砂糖菓子が並んで、お盆も間近の季節です。

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

山田耕筰より伝えられた「音楽は宗教なり」の言葉そのもの、謙虚な心で歌う『 私は芸術のしもべです 』という美しいアリアが、チレア作曲のオペラ「アドリアーナ・ルクブルール」にあります。

泥の中から出でて、無心に咲くハスの花の美しさに、生涯をかけ曲を奏で続ける姿勢を教えられます。

プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座担当


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ