虹の彼方

『虹の約束』は聖書の御言葉。きれいなカードやオルガンの讃美歌や季節の行事に魅かれ、日曜学校に子どもの頃通っていました。今も、クリスチャンではないのだけれど、西洋文化としての教会の空気って大好きです。教会音楽はクラシックの基でもありますね。

日曜学校の「ノアの箱舟」のお話はとっても面白かったです。大洪水を逃れたノアは、箱舟から一羽の鳩を放ちました。鳩はオリーブの枝をくわえ戻ってきます。地上から水がひき植物が生えたことを告げる枝でした。神様は、雲の間に虹をたて、再び大水の来ないことを約束したのです。これが『虹の約束』です。

もうすぐ梅雨明け。雨上がりの空に、虹を見つけるとラッキー・。♪今日一日、いいことがあるような気がしてきて、オズの魔法使いの『虹の彼方』のメロディーが浮かんできます。

Somewhere over the rainbow
Way up high,
There's a land that I heard of
Once in a lullaby. ・。・。・。・。

物語はというと…カンザスのドロシーは、竜巻で家ごと吹っ飛ばされます。ドスンと落っこちたのはオズの国。頭が良くなりたいカカシ・ハートが欲しいブリキのきこり・勇気を持ちたいライオン。仲間達と冒険します。そして大王オズをやっつけると、大王の正体はなんと、奇術師のジイさん!!良い魔女の助けで、ドロシーはカンザスに帰ることができましたとさ。 

このファンタジー児童文学が、ミュージカル映画化され、スクリーンの中でドロシーちゃんが元気いっぱい歌っています…
「虹の彼方へ行けばすべて叶うステキな夢が♪。・。♪。・。♪」

虹のメールが、アメリカ大陸から届いたことがありました。昨年は、ネブラスカの大学でポスドクとして研究にいそしんでいた長男。彼が「朝、自転車を漕ぎながら、研究室に向かう時、虹を見つけました。二重の虹のアーチ!!」と。大地を爽快に駆け抜けるバイク、雲間の太陽、晴れゆく青空にかかる七色の橋が目に浮かびます。たくさんの若者たちの夢が叶うといいなあ…日本の母は祈りました。

ちなみに英語のレインボー (rainbow) は「雨の弓」、フランス語のアルカンシエル (arc-en-ciel) は「空に掛かるアーチ」という意味。もうすぐ梅雨明け。七色のアーチを渡って季節は夏へ。今日は早くも空に入道雲が湧きました。

♪~・~♪~・~♪~・ ミニ レッスン ・~♪~・~♪~・~♪

七色の歌声で、表情豊かに歌いましょう。曲の解釈や表現を研究し、歌の世界を創造しましょう。

一個の音符・一楽節のメロディー・一曲の演奏・ひとつの音楽会は、貴女というプリズムを通して七色に輝きます。

プリズムを磨くことは歌い手の大切な仕事のひとつ。人生は、楽しいことだけではありません。苦しく悲しくつらかった経験を、プラスに昇華させた時にこそ演奏が深みを増します。自分を磨いて七色に光るピカピカの人生と歌を!!
プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ