天国にゆかれた先生

京都サロンから帰る途中、我が声楽の恩師「嘉納愛子先生」が天国にゆかれたと知らせが入りました。今年109歳になられた先生ならば大往生。けれど先行く偉大な恩師がこの世から急にかき消えてしまうと、その教えを引き継ぐ私たち弟子は、その責任のあまりの大きさに途方にくれてしまいます。

嘉納先生ご自身も、山田耕筰という偉大な師をなくした時、使命感を持って耕筰歌曲を後世に伝えようとなさったのでしょう。これは今だから深く解ることです。先生は耕筰歌曲を伝えるレッスンの際、「次はあなたたちが後進に伝えるのよ」とおっしゃっていました。

同窓会「沙羅の木会」にも訃報が掲載されています  ☆☆☆

mig[1] 100歳を超えなおお美しい嘉納先生

今は天国で、早くに亡くされた息子さんや夫君(耕筰の良き理解者)との再会に喜んでおいでのことだと思います。山田耕筰先生も「本当によくやってくれました」とねぎらっておられることでしょう。

嘉納先生との初のお目もじは、中学になり、母に連れられお家を訪ねた時でした。歌声を聴いてもらいに行ったのです。「高校生になったらいらっしゃい」ということで、高校進学と共にご自宅でのレッスンが始りました。先生がおっしゃるには、私は唯一、厳しく叱ってレッスンした生徒なのだそうです。なぜ、この声が出ないの!この高さが歌えないの!と、先生自身が歯がゆかったと、後におっしゃっていました。下の写真は山田耕筰と共に映る嘉納先生。耕筰の指導のもとにあった若き日の音楽家の方たちです。

100-52-004[1] 

驚異の90歳まで大学での教育にたずさわっておいででした。100歳を過ぎてのブレイクはマスコミの報道にあるとおりです。106歳の時に同期の門下生が集ってお宅にお伺いし、レッスンを受けました。この時、本の出版予定があるとおっしゃっていました。

出版が叶ったご本の中に、「当時私がとても厳しく教えた子です」という一文があります。叱って育てた生徒はあなた一人と常々先生がおっしゃっていたので、この本の厳しく教えた子とは、私のことではないかと思っています。「ある時彼女の歌を聞いて、『これで大丈夫だ』って思った」と書かれた部分があります。先生のおっしゃったことがパッと会得できた瞬間を書いたもので、数あるレッスンの中であの時のあの曲のあの発声だと今も実感できるのです。

「これで上手にならなかったら、私の教え方が下手なんだって思ってね」とも書かれています。先生にとっても真剣勝負だったのだなあ…この会得できた瞬間から、演奏への意識が変わったことは確実です。本のこの部分は、先に仕上げた修士論文にも、声楽への新たな動機づけとして、引用させて頂きました。

3827_1430461767[1] 151201_YamadaKousaku_06a_HirokoYamada_KanouAiko[1]

昨年末の「山田耕筰没後50年記念音楽会」で、お元気な姿を拝見できることを楽しみにしていました。上の写真は、メッセージを代読する赤石先生の写真です。耕筰先生との愉快なエピソードとともに、再び元気になって皆の前に姿を表したいとの先生の言葉が読まれ、108歳の意欲は衰えるところを知りません。

201511191558[1]

私は、京都サロンの方が下さった冊子の、先生のこの笑顔が一番好きです。お花で飾られたピアノの小さな陶器を持つ先生の微笑みは、まるで少女のよう。ユーモラスにお話される時と違って、仕草から何から可憐です。レッスンの時は厳しく叱られたので、私にとっては怖い先生だったけれど、100歳過ぎるとこんな風に微笑まれるのですね。

耕筰作曲「からたちの花」にお墨付きが頂けたこと、最後のレッスンでは「La Wally」が上手く歌えるようになったと誉められたこと、レッスンで授かったこれらの宝物を大切に、これからも一生歌い続けてゆきます。下の写真は107歳の時。このお洋服のセンス、矍鑠(かくしゃく)としたご姿勢、つま先まで神経の行き届いたたたずまい…これが我が恩師 嘉納愛子先生、山田耕筰の愛弟子です。

2014060803k[1]

お正月迎え:南天の花

サンタの切手の貼られた郵便が届きました。
先日の山田耕筰コンサートでお声をかけてくれたGoさまから。
彼女は、以前、奈良のサロンに通って下さっていた方です。

封書の中身は、なんとも貴重、
長崎の永井隆記念館から送ってもらったという
山田耕筰作曲「南天の花」の楽譜でした…  

201512172358.jpg

貴重な楽譜は言うにあらず、さらに嬉しかったのは、
お正月迎えとしてのお心づかいからか、
冬の「南天の花」を題名とした楽譜だったこと…。
添えられた便箋には心のこもった文章がありました。
きっと、ご自分で描かれた絵なのでしょう、
椿の花の便せんに便りがしたためられていたのでした。
オペラの「椿姫」の胸をいつも飾っていた花です。

201512180000.jpg

南天は「難を転じて福となす」縁起の良い植物です。
舞い込んだお便りが、幸先良い新年を祝福してくれて、
心があったかくなりました。

過去記事にも「南天」の出てくるシーンをアップしてました。
何年か前の年の瀬に、葛城古道を訪れた時のものです。
 葛城古道
この葛城古道沿いの郵便館で行うクリスマスコンサートももうすぐ。

先日のレッスンは堺の港のすぐそばでした。
東に目をやると、金剛葛城の山並みが望めます。

最上階からは、西に明石大橋も遥かに望めます。
冬の海は素敵です。真冬にカモメが飛来してくるんです。

F1000179.jpg

お正月迎えの「南天の花:作曲 山田耕筰」」の貴重な楽譜、
Goさま、ホントにありがとう♪

嘉納愛子先生、チャーミング!

この最近のお写真、声楽の恩師の嘉納愛子先生です。108歳にして、こぼれんばかりににこやかな笑顔!まるで少女に戻られたような微笑みです。先生は、12月1日 いずみホールに於いて、「山田耕筰先生没後50年記念演奏会」に出演してお話されます。


201511191558.jpg


嘉納先生の恩師は山田耕筰…愛子先生は108歳にしてなお、耕筰先生の「歌の心」を伝えることに使命を感じておられます。歌に託す美しい日本語、日本歌曲の情感、これら歌の力はしなやかで強い。掘れば掘るほど湧きいずる泉のように、歌曲の恵みは尽きません。当日、嘉納先生からはどんなお話が聞けるでしょう。偉大な二人を恩師に仰げる声楽人生は幸せです。


flyer_YamadaKosaku_a-01-thumb-480x678[1]


ホーム・カミングデー

母校は海に近い南港のポートタウンにある。最近、修士論文の調べ物で大学図書館をよく訪れる。沙羅の木会主催の催しに参加してきた。南港ホールのウェルカムコンサートで歓迎してくれた母校に感謝  

DSC_0004①-thumb-250x334[1] パイプオルガンが目をひくホール

音大生時代に戻り講義を受けた。中でも「指揮法」は懐かしかった。かつて母校で、若き日の小澤征爾や、マエストロが師と仰ぐ齋藤秀雄先生が、指導しておられた時代がある。『指揮法教程』の中でみ教えは受け継がれ、後進たちがその薫陶を受けた。


関西に音大はあまたあるが、それぞれの音大の音と表現に明確な違いを感じる。その差異とは各音大特有の音楽性である。例えば私の母校であれば、山田耕筰・齋藤秀雄等の教育がもたらし、学生が共通項として持ち得た「音の深さ」だと思う。
imagesS6E6421D.jpg 24807183-ゴールド音部記号と楽譜[1]

[のだめカンタービレの千秋先輩みたいにカッコよくはないですが…]


今回の授業では、タクトを振りつつ指導を受けた。生徒はみなプロで音楽を束ねる立場の指導者も多い。新鮮な心持で基礎に立ち返れた。とはいえ、6拍子の振り方が難解。さらに音楽表現を加えてとなると … ヾ(- -;) ウウッ ムツカシ …


最近の音大事情もお聞きした。かつては、ピアノと声楽専攻が学生のほとんどを占めていた。管・弦・打はごく少数だった。現在はその数が逆転しているそうだ。どおりで、サキソやヴァイオリンの練習の音がキャンパスに響いているはずだ。昔は、オペラ歌手の卵(のつもり)のような派手な声楽科が闊歩していたのだけれど、これには驚いた。


音楽のブラッシュアップに最高の一日だった。お誘いしたら、学校へ来て下さった 院の先輩・後輩の三上先生知音先生、ありがとう♪興味を持って下さってホントに嬉しかったです。


…といろいろ書いて検索もしているうちに、学校ブログでこんな記事見つけて絶句!  フジコヘミング氏来校 
フジコさんが来校されてたのですね、すごい!!

Mulberry (桑の実)

散歩道で、木にベリーがなっているのを見つけた。
FBの記事で、このベリーが紹介されていたのを覚えていた。
「もしかして、桑の実?!」  ベリーの記事


桑の実と言えば、「赤とんぼ(山田耕筰作曲)」の2番の歌詞で
「山の畑の桑の実を小籠につんだはまぼろしか」と歌われる。
小籠につんだのはこんな実だったのだ。
耕筰先生がメロディーをつけられた曲…桑の実摘み初体験!


見つけた桑の木は、仁徳陵古墳の西側の散歩道にある。
周辺に、辺りに百舌鳥・古市古墳群のガイダンス施設が
出来る予定らしく、あたりはにわかに動き出しているが…。
下の写真が木から採った桑の実だ。


IMGP0734.jpg


童謡「赤とんぼ」は心の故郷を思い起こさせる。
けれど私も今回が桑の実摘み初体験であるように、
歌う人の多くは「桑の実」をつんだ経験などなかったのだ。
経験はなくとも、万人がこの童謡ににしみじみとした郷愁を抱く。
このことに気付いて、ちょっぴり愕然とした。歌は不思議だ。


IMGP0732.jpg←収穫した桑の実。(写真はクリックで拡大します)


私の場合、ホントに懐かしいと思うベリー体験は、
アメリカ住まいの時に幼い子らにバスケットを持たせて 
一緒に摘んだチェリー・ブロッソンのアメリカン・チェリー。
あるいは、バックヤード(裏庭)に野生で生えてたブラックベリー。
全部アメリカにつながる思い出なのだ。
桑の実を小籠につむ日本の思い出などもってなかったのに、
アメリカで「赤とんぼ」を歌ったら、感動されたのだからおかしい。


桑の実は「Mulberry」(マルベリー)という。
古墳の散歩道でいっぱい収穫したので、ケーキを焼いた。
純日本の歌「赤とんぼ」の歌詞にあるくらいだから、
ケーキはやっぱり和風スイーツよねと、きなこをきかせてみた。
和テイストにマルベリーはよく合った。しみじみ懐かしい味がする。


ジャン!下は収穫した実で焼いたマルベリー・ケーキ。
写真をクリックすると拡大します。
ある日のティータイム、カップはヴァイオリンの模様です。
蝶々がよく飛んでくるお花も摘んできて飾りました。


IMGP0737.jpg

マルベリーの効能:
ポリフェノール・アントシアニン・フラボノイドがたっぷり含まれ
カルシウムではりんごの13倍、
鉄は15倍・カリウムは2倍・ビタミンCは10倍だそう。


プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座担当


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ