歌で伝える 歌い継ぐ

今年の1.17は、冬の小雨そぼ降る一日だった。

大阪・京都・奈良へ出講。

電車に揺られてゆく道すがら、

出版社ペンコムさんのツイッターを見た。

著書に込めた思いを綴ってくださっていた。

神戸新聞系統のコラムはこちら。

クリックしてください → 掲載記事


あの日、胸のつぶれそうな思いで、

大阪湾の遥か向こうの対岸を見ていた。

傍らに心を寄り添わせながら23年…。

長い年月を経て実を結んだ思いがある。

それがこちらの出版社HP → 掲載記事


大阪でも、京都でも、奈良でも

サロン生の方々と共に今日も歌ってきた。

あの朝、ガレキに閉じ込められながらも歌われ、

命の灯を燈し続けた「赤とんぼ」を。


ペンコム出版社長の増田様、ありがとうございます。


追記:

あくる18日のhonto(丸善・ジュンク堂ウェブサイト)

ランキングでは1位でした。

著書が、健やかな心身や生きる力を引き出すための

声楽レッスン本としてお役に立てたことで、

少し人生の課題が果たせたような気がしています。

 honto(丸善・ジュンク堂 ウェブサイト) 


1


謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。




ニューイヤーも楽しく歌ってまいりましょう!

歌い初めはこちらから→シンプル声楽法


simple_bnr_pc[1]


キャンパス便り・。・。♪

 久しぶりに小型ハープを演奏する元生徒さんから電話があった。来年早々、ハルカスのキャンパス・フロアで担当する講座は、コンサート付きでと思っていたのでさっそくお誘いすると、協力を快諾してくれた。メンバーが4人に増えたと言っていた。音に厚みが加わったと思う。早いもので、もう来年のお話だ。


imagesC1ZRRF0Y.jpg


 これは、大阪健康福祉短期大学の特任教授(美術)の展覧会とのコラボレーションだ。美術と音楽の溶け合う空間を、健福祉短大のアバンスペースで演出できればと思いつつ、少しずつ年明けの構想を練っている。ところで、キャンパスフロアへは館内で迷う方が多い。道順を少しご紹介すると…


imagesIHSGKW3Q.jpg 地階のエレベーター


近鉄百貨店タワー館地下のエレベーターに乗って17階へ。シュッとしたビジネスマンが行き交う企業フロアの17階で乗り換えて、エレベーターで23階へ。


images[5] 企業フロア17階


 年明け講座の前に、もうひとつ11月講座がある。ここでも声楽の独唱をさせて頂く。今、チラシを制作してくださっているので、届き次第案内させて頂きます。imagesDC6KY654.jpg  

 本の出版が結構遅れていたが、お知らせできる段階にたどり着いた。11月11日が発売予定なので追い込みに入っている。只今、本の校正で編集者さんとやり取りしている。世に送り出す一冊に愛情をかける編集者さんだ。専門家の気付かない読者の感覚で、うまく原稿を導いてくださった。


 声楽をシンプルなメソッドに凝縮して、どなたもが取り組める本にするのが希望だった。いわゆるハウトゥー本だが、エッセイのように読み物としても楽しめるものになる。週明けには、カバーデザインも出来上がると聞く。


 こちらの方も追って案内させて頂きます。楽しみにしててください♡

今さらながらにハルカスのお話・。・。

 朝からすごい豪雨の日。小止みになったのをみはからってサロンにいそぐ。サロン生さん来てくださるかな…。時間的には早くハルカスに着いたので、珍しくお店でカフェラテとサンドイッチの朝食をとった。窓につたうのは、物憂げな秋雨の雫。


_20170912_095049-1.jpg


 …なんて、カッコイイ朝のワンシーンだけど、ここはハルカス美術館上階の「ファミマ!」です。企業階のビジネスマンに混じって、ピリッと張った空間に身を置くのがとても心地よい。


 ハルカス保育園から「子どもに傘きせて、ワタシずぶぬれ~!」と声が響く。子どもを預けに来る「ママさんビジネスマン」だ。本降りのザザ降りにもかかわらず、ホント、明るくてたくましい。


IMG_20170912_095900.jpg


 エレベーターで一挙に階下へ降り、サロンに行くと、目まぐるしいレッスンの1日が始まる。空き時間も、ハルカス・スタジオでピアノの練習が心おきなくできる。


 あくる日は、23Fキャンパスフロアで、大阪健康福祉短期大学アバンスペース9月18日講座の準備会議があった。1月中旬に美術とのコラボもほぼ決定した。

 母校となった大教大院の天王寺キャンパスもここから歩いてすぐ。なので、アカデミックな知の宝庫からのアウトプットとインプットも、実にバランス良くできるようになった。


 ハルカスが生活の場としてなじんだと実感する。今さらながらに。ハルカスって実によく計画されたひとつの小さな都会だったのだ。


 サロンでレッスンした曲は「ウィーン夢の街」だった。



歌詞の2番に、高い空から塔を見下ろしているシーンがある。


♪・。・。♪・。・。♪・。・。♪・。・。♪

いつの日か この世に わかれるその日
晴れわたる 大空に この身はただよい

はるかに見下ろす シュテファン寺院の尖塔に
永遠の わかれを告げよう
はるか聞こえてくる 楽しい歌声
ウイーン ウイーン お前は心のふるさとよ
古びた街角 可愛い娘達
ウイーン ウイーン お前は私の 夢のまち
幸せあふれる 夢のまち ウイーン

♪・。・。♪・。・。♪・。・。♪・。・。♪


どこか、高層のハルカスを思わせる歌詞だ。愛する街に流れる歌声が聴こえてくるよう・。・。♪


夏の終わりに…

公園の落ち葉に季節の移ろいを感じます。

コオロギの鳴き声に秋の気配が…

黄色いドレスで「美女と野獣」の演奏しました。


o0713096014008380553[1]


テーマカラーの黄色でそろえ、

生徒の皆さんがたが活躍してくれました。

独唱は二人、太閤園デビューです。

朗読は皆のバックコーラス入り。

「この朗読、ひとつの作品になりましたね。

皆に聞いてもらうチャンスがあればいいね」と、

夏の始めに言ってた夢が実現しました。

  

IMG_20170818_141055_20170828000949103.jpg  


舞台が終わって皆でお茶。

わたしはその後ゆっくり一人でお昼をとりました。

太閤園特製「網島カレー」…たまには上等なカレーをね。


聴きに来てくださってた真澄さんがまたまた、

今日の模様をブログにアップしてくれました。

ありがとうございます! →♪♪♪

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ