揺れた大阪、翌日のレッスンから・・・

 今日は、ボイストレーニング受講生がお子さん連れでいらした。このお嬢ちゃんの学校は震源地に近い枚方市だ。被害が大きく今日も休校なのだという。地震の当日、学校に着いて校庭で遊ぼうと運動場に出た時に揺れたらしい。図書館の本はグチャグチャで蛍光灯も落ちたとのこと。レッスンに同行した彼女は、ママのきれいな歌声に拍手を送っていた。

imagesFO8ROVPS.jpg  

 ボイストレーニング受講生のも一人のお嬢ちゃんは、たまたま所用で電車には乗らず、車内に閉じ込められるのをまぬがれた。付き添いのおばあちゃまは、阪神淡路大震災よりは揺れが少なかったと言っていた。大阪に住まうサロン生は多く、阪神淡路の時と比べて揺れの強弱を感じておられたようだ。

imagesFO8ROVPS.jpg

 著書の「シンプル声楽法」を冠したクラスを立ち上げて、レッスンは既に始まっている。今日は、震災のあくる日なので、本の「おわりに(あとがき)」を読んでもらった。ここでは、健康発声の原点について触れている。阪神大震災のガレキの中で「赤とんぼ」を歌って救出を待った夫婦のエピソードを通して、究極の状況で「歌」が生命に灯を燈したことを伝えた。

imagesFO8ROVPS.jpg

 歌うことで東北の大津波を乗り切った小学生たちがいた。歌うことで濁流にのまれたバスの屋根で生命をつないだ高齢者がいた。賛美歌を歌うことで台風の大洪水を切り抜けた女学生がいた。こんな例は枚挙にいとまが無い。

imagesFO8ROVPS.jpg

 よろしければ、出版社さんが書いてくださった記事をご覧ください。クリックすると記事に飛びます→「赤とんぼ」励みに耐えた夫婦神戸忘れ難く非難所へ(23年前の新聞記事より)

併せて、阪神大震災で歌われた「赤とんぼ」から「歌唱と生命」に展開させた論文もお知りおき頂ければ幸いです。クリックすると論文サイトにとびます→山田耕筰作曲「赤とんぼ」をテーマに声楽歌唱と心身健康の接点を探る

imagesFO8ROVPS.jpg

 大阪北部のライフラインが早く復旧しますよう祈りつつ、こちらでできる声楽活動をと、阪神淡路を起点とした生命を健やかに維持する歌唱指導を続けてまいります。


古墳のほとりで初夏の宴を…♪

 仁徳天皇陵古墳のほとりのお店で、大・々・々先輩にお食事をごちそうになっちゃった。ざるに並べられた器には、初夏を思わせる青葉紅葉の麩が盛られていた。すぐそばの茶室「伸庵」の紅葉の新緑が、皐月の空に映える季節ももうすぐだ。

 

_20180405_153919.jpg


 大・々・々先輩とは、阪大や医科大他で教鞭をとった教育界のエキスパートA氏。私のサロンの受講生真澄さんもご一緒でした。彼女は、読売等の講師としても忙しい毎日を送る。ご縁で引き寄せられた3人の会話は尽きなかった。


_20180405_154038.jpg


 デザートには可愛いらしいお団子が紅茶とともについてきた。宴の終るころ、大先輩が手にぶら下げてきて そっと差し出してくださったのは、カギ型古墳がデザインされたパッケージのサブレ!「仁徳さん」はパワスポで、今年は世界遺産決定の期待もかかっている。ホントに縁起の良いお土産だ。

 

ee0aac8c-04c1-11e8-8b77-06326e701dd4[1] Daisenryo_Kofun_haisho-2[1]

仁徳陵と遥拝所


 自宅のクローバーをバックに、そのお土産を写真に撮った。背後に映るクローバーは、仁徳古墳前に広がる公園の4つ葉。摘んできて、夫が育て増やしたものだ。かなりの頻度で4つ葉が出る。写真の中に「仁徳さんの4つ葉」を見つけたら幸せになります


IMG_20180409_083627.jpg  


 縁起良いついでに、読売堺のレッスン生による幸運の都市伝説をひとつ。堺は堀がグルッと取り巻く環濠都市。5月近くなると堀にたくさんの「鯉のぼり」が泳ぐ。中にひとつだけ「鰻(うなぎ)のぼり」があるという。見つけると「うなぎのぼり」に運が良くなるのだそうだ。


 見つけて写真に撮ったのがこれ。鯉のぼりの中の「うなぎのぼり」を見てください。運勢が右肩上がりに上昇します。信じる者は救われる! 


IMG_20180411_123050.jpg


………………………………………………………………………………


 大阪健康福祉短大「ハルカス大学」よりお知らせ

    こちらをクリック→ 知の森に出かけよう


 著書が読売新聞に掲載されました

    ↓下の記事をクリックしてね♪

    image_76311_640_0[1]


1

シンプル声楽法 出版社:ペンコム


サクラ サク・。・。♪

 どこもかしこも桜が満開。桜の下で朝ごはんとしゃれこんで、パンにポテトサラダを詰めてウォーキングに出かけた。花見の名所となった公園も、さすがに早朝は静かだ。


 長男が東京住まいとなり、隅田川を渡って通勤している。車窓に映る「春の麗らの隅田川、上り下りの舟人が、櫂の雫も花と散る。眺めを何にたとうべき」の光景を堪能しているかしら。私自身は関西住まい。隅田川の桜には一生ご縁がないと思ってた。けれど、東京に住む長男のおかげで、「花」の歌詞が身近になった。「♪げに一刻も千金の眺め」にスカイツリーが加わって、その価値はますます増しつつあるようだ。


263751[1]


 さて先日は、大和の御所(ごせ)までショートトリップした。お彼岸に行けなかったお墓参りだ。道中、ばったりA先生と出会い、「Bさんが大学の特任教授に決まった」とグッドニュースを伝えてもらった。『サクラ サク!』快挙に拍手だ。


 Bさんは、先の健福短大ハルカス大学講座でピアノ伴奏をつとめてくれた人だ。以前 彼女に聞いたことがある。「時間ある時、何してる?」と。「本 書いてます!」と即座に答が返ってきた。大学の授業の傍ら本を書く生活ってステキ。そんなこんなで、車窓を過ぎゆく満開の桜を眺めつつ、A先生との会話が弾んだ。


 チラチラと花びらが舞う中、お墓参りを澄ませ、郵便名柄館にも立ち寄った。「醤油蔵で『蔵』クラシック・コンサートもできればいいですね。クラ・クラ・クラシック…その時にはお手伝いさせてね」と話すと、テガミ・カフェのシェフのR子さんや、館を運営するU子ちゃんが歓迎してくれた。


 ついでに出版した著書のことも話した。すると、「本、棚に並べておきましょうか」と、嬉しい申し出。ここは小さくても博物館、なんて光栄なことだろう。飾り棚のレトロな写真の中に見つけた、郵便局長だった若き日のおじいちゃんが、今も、スタッフの皆さんとのご縁をつないでくれている。


1 シンプル声楽法

 

 大和は御所(ごせ)、山間(やまあい)の かくれ里の桜は、春の陽を浴びて静かに静かに咲いていた。祖母のお里「吉野」が遠望できる。山は一面、桜の花で埋め尽くされていることだろう。お彼岸から日がずれたが、桜で埋め尽くされた一日、ご先祖様にあったかく見守られてる気がした。


 山越えして戻り、桜が水面を取り巻く狭山池(日本最古のため池)のほとりのカフェでひとやすみ。帰りついた堺ではこんな光景が待っていた。環濠(旧市街のお堀)が桜に彩られ、川べりには早くも鯉のぼりがズラリ並んでいる。端午の節句ももうすぐだ。


IMG_20180328_122652.jpg


知の森に出かけよう♪

大学の一般向け講座、ふたつのお知らせです。私もお手伝いさせていただきます。


「健康福祉短期大学・ハルカス大学講座」では、元学長であり、奈良教育大学名誉教授の岡本定男先生と、清水講師の音楽対談等が予定されています。私も歌唱で出演いたします。


「大阪教育大学・公開講座」では、山田正行教授が、生涯学習についてお話されます。こちらの方は、私は、続いて行われる現役院生への支援にアドバイザーとして参加します。


 チラシが見えにくくてごめんなさい。詳細は以下のように、文字もしくはHPへのリンクで案内しています。アカデミックな知の森でブラッシュアップしましょう。きっと良い刺激がありますよ!


_20180329_081042.jpg


健康福祉短期大学「健福ハルカス大学講座」

5月6日(日) 13:00~15:00

ハルカス23F キャンパスフロア

第一部 今、あなたと共に紡ぐ音語り 講師 清水香織(奈良教育大付属高校講師)

第二部 ベトちゃんドクちゃんと世界平和 講師 藤本文朗(滋賀大・健福短大名誉教授)

※ 参加費2000円 申込み…06-6621-3280[留守電に入れてください]


_20180329_081313.jpg


詳細はこちら→大阪教育大学「公開講座」

…………………………………………………………………

著書をベースとしたこちらのサロン講座もよろしくね♪


_20180212_214808.jpg


1 教科書に「シンプル声楽法」を使っています。


春の弥生の曙(あけぼの)に…

三月に入った。

「奈良のお水取りが終わったら春やよ」

暑さ寒さも彼岸までと言うが、私の春の基準はこの母の言葉。

いつものレッスン指導への道すがら、

ホテルには堺雛が飾られていた。


IMG_20180228_101201.jpg


今回のブログのタイトル「春の弥生の曙に…」は

越天楽今様の歌詞の冒頭だ。

白拍子が雅(みやび)に舞い唄い

「四方(よも)の山べを 見わたせば
花盛りかも しら雲の…」と続く。


_20180228_093439-1.jpg


レッスン指導に向かう道中の

利休さんゆかりの南宗寺では、

枝垂れ梅が重要文化財の甘露門に映えていた。

なにげない日常の中にも、

声楽の感性を磨く芸術品はあるものだ。


二月の最終日はハルカスを昇って降りて、

キャンパスフロアやスタジオへ指導に移動した。

会議やゼミやレッスンが

日常のルーティンワークとなったけれど、

忙しい中にも充実感が覚えられ

早春の一日は瞬く間に過ぎた。


1

シンプル声楽法(←クリックで出版社HPに飛びます)


レッスン指導に教科書として使用しているこの本が、

丸善やジュンク堂・ウェブサイトのランキング5位に

昨日ひさびさに顔をのぞかせいていた。

日本のどこかで手に取ってくださった方がおられる。

心より感謝いたします。

楽しく歌うことが、健やかな心とからだに貢献できますよう。


プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
山田耕筰の孫弟子
声楽の健康科学 研究者


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・109才まで現役指導者
 故 嘉納愛子氏に師事


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院[4年制音大]
にて研鑽を積む


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


ハルカスを拠点として、マスメディア・デパート・大学関連講座の講師をつとめています


●読売新聞大阪本社・讀賣TVを運営母体とする文化センター講師


●ハルカス近鉄本店 文化サロン他 講師


●大阪健康福祉短期大学
健福ハルカス大学 講師


声楽を軸に、歌う日々やサンフランシスコ暮らしの懐古をエッセイ風に綴ります。

リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ