私のホームグラウンド

 4thコンサートが無事修了。団員はホッと一息ではないでしょうか。院やレッスンのあれこれで、なかなか練習に参加できなくても、ボイトレの席もそのままに待ってて下さる。私にとって、団はまるで「思い出のグリーングラス」の歌詞そのまま、ホームのような存在です。


 高校時代は、この団に集う先輩たちの指導のおかげで、NHK全国大会にコマを進めました。全国レベルに届くほどの、元コーラス部員が揃う団なので、ハモリもバッチリです。


1207083[1] これは以前の写真


 今回は「組曲・心の四季」のみに参加させて頂きました。後は客席で聴かせてもらいましたが、楽しい陽サウンドのバクハツが心地よかったです。(忌憚のないシビアな意見は団に直接…)


 本番も近いある日の練習に、マエストロM氏は、ある男性を団に連れてきました。「あっ!佐野さんや~」高校時代の先輩を見て、私たちは一挙に高校1年に戻ってしまいました。


 ある男性とはだれあろう、私たちが高1の時に高3だったパートリーダー佐野光徳氏。佐野さんと言えば、バーンスタインの日本公演のマネージメントは全て彼。あの指揮者・佐渡裕をビッグに育てた超大物でもあります(→♪♪♪) 


 堺市で建て替え中の堺市民芸術文化ホールのエグゼクティブ・プロデューサーの仕事で、堺にちょくちょく帰ってくるので、団の練習を見にきてくれたんだそうです。


syouhall[1] 堺市民芸文ホール


 佐野さんに正攻法では足元に寄り付けない私たちですが、高1にタイムスリップ、キャアキャア佐野さんを取り巻いて話しました。懐かしのNHKコンクール課題曲を歌うと、「ああ、思いだしてきたわ~」と距離が一挙に縮まったのでした。


 おっと、4thコンサートのお話でした。この日メインの指揮者M氏は、その昔、高校の合唱部をNHK全国大会へ押し上げてくれた人物・・・ということは、あの超大物の佐野さんも 当然 高校時代に指揮者M氏の指導を受けていた。「オイ、佐野!ここはナンヤラカンヤラで…!!」指揮者M氏の若き日の熱血ぶりがよみがえります。上には上がいた訳で…(°_°!)


 というふうに、超大物を指導していたから指揮者M氏はもっとすごい!という力技(チカラワザ)にも似た論法で、4thコンサートの陽サウンドがヨカッタよ~ということをお伝えしたかったのであります。団員の皆さま、陽らしく楽しいステージにブラボー♪

コンサートとワークショップ

 カリグラフィーの木作先生とコラボのご案内です。


いつもの可愛いレトロな郵便館。

テガミカフェの飲み物とお菓子をいただきながら、

心安らぐひとときをを過ごしませんか

ちょっと画像が薄いですが、チラシ、ご覧下さいね↓

18222129_770568956440143_4090625913085212354_n_20170514005808915.jpg

郵便名柄館は、最近、映画のロケ地になりました。


この郵便館はかつて、私のおじいちゃんが局長をしていました。なので思い入れは深く、ボロボロだった旧局舎の頃から、再生事業に関わらせて頂いてました  郵便局の再生事業


カリグラファーの木作先生はとってもやさしそうな方!なのに、NHK教育TV出演・リーガロイヤル社員教育・グッチやバーバリーでの書作など、お仕事ぶりはおどろきです。打ち合わせの時間も二人で話がはずんでます。楽しい企画になりそうですよ。皆さま方のお越しをお待ちしています。


※ この記事の前にひとつアップしてます。宜しければどうぞ。

年齢をプラスに!

 長い人生、あることをきっかけにより豊かな生き方を選択して、自らに合った齢の重ね方に路線変更する人がいます。これを「ポジティブエイジング」と言います。「エイジング」は年齢を重ねること、「アンチエイジング」は加齢や老化に抗うこと。さらに、「ポジティブエイジング」という加齢をプラスに転じる生き方があるのです。


 ハルカスのサロンなどでも、歌うことをきっかけに、楽しく無理なくレッスンに取り組むうち心も体もどんどん洗練されてゆく方がいます。


t02200282_0354045413282502019[1]

 

 わたしは、発声・呼吸・歌唱法を通して、長い間、心とからだの健康維持を提唱してきました。レッスンを楽しむ前向きな気持ちが、心身に良い影響を及ぼすという、研究の裏付けも得ています。クラシック歌曲に取り組むことで、多くのサロン生は、身も心も健やかに上質の生き方を心がけるようになりました。人生までもが上昇傾向を示し始めるのです。


 サロンでの私とサロン生の関わりは、音楽療法のセラピストとクライアントの関係とは一線を画します。私は演奏家であり、療法士ではありません。


 例えば、故障した心身のリハビリの代替として、健康づくりを目的に声楽を始める人たちがいます。レッスンを重ね、歌がリハビリの役目を終える頃、彼らの内にクラシック歌唱への意欲が芽生えます。そして必ずと言ってよいほど、これ以降、歌と共に年齢を重ね、ポジティブエイジングそのままの世界を繰り広げてゆくのです


_20161012_214916.jpg 


 クラシックやオペラ その他 日本歌曲など、基本をふまえた歌唱法には、心とからだを「自立」と「自律」に向かわせる作用があると思っています。からだを楽器に整え、音楽を芸術表現するということは、自ら奏でる音楽が心身へ及ぼす好影響も大きいということです。


 年齢に関して、「オプティマル・エイジング」という言葉もあります。その年齢なりの最良の暮らし方や生き方を意味します。健康や美しさ・精神的能力・社会との関わりなど、QOL(Quality Of Life=生活の質)も大きなカギとなります。定義は以下の通りです。


 living at the highest potential that is possible, given each older adults life pattern, physical and mental reserves, functional ability, social context, and environmental influences(オプティマル・エイジングとは、高齢者個人個人の生活パターン、身体的なまた精神的予備力、機能的能力、社会的な関わり、そして環境から受ける影響を考慮し、可能な限り高い質の生活を送ること) 


 残りの人生を思うと、今日は一番若い日!さあ、自身を楽器に整えて、歌声を磨き、今日より明日はちょっぴり成長しましょう♪歌のレッスンが、生涯の人間発達のお手伝いをしてくれます。

クラシカルに書く歌う♪

 明日はサロンでオペラ指導。「次のレッスンはどんなオペラされますか?」とサロン生に聞かれて、「イタリア古典歌曲の基礎を先ずしようと思うの。あとは考え中…」と答えた。考え中だったアリアは、「“Pace,mio Dio!” ~'La Forza del Destino~」(神よ平和を与えたまえ ~運命の力~) に決めた。このアリアの舞台には18世紀半ばの西洋の修道院も出てくる。音大生の頃には、フレーニさんのオペラもよく聴いてレッスンしたなあ…。

 


 只今、本職の声楽演奏の方は、郵便名柄館でのコンサートの練習をしている。カリグラフィーとコラボレーションするのだ。カリグラフィーとは西洋文字の書道とお聞きした。郵便館内は、木作先生の美しい文字で書かれたカードで飾られる予定だ。

c665560e0e40d71a8d0c9b0e7c32ff971-300x242[1]images[9]


 今回は珍しく小型ハープで弾き語りもする。吟遊詩人のように小型ハープをつま弾き歌って館の雰囲気をさらに醸し出そう。


img_2[1]


 西洋のお姫さまの話題で、木作先生と盛り上がり、中世の貴族の雰囲気漂う舞踏の曲「メヌエット」も演奏することにした。とっても簡単な曲だけれど。


ces-robes-de-princesse-du-cinema-qui-nous-auront-fait-rever-photo-26[1]


 メヌエットについてちょっと調べた。
「1660年代からフランスの宮廷舞踏の仲間入りをし、17世紀末には、格式高いダンスとして流行した。基本は4分の3拍子だがフレーズの取り方に特徴がある。宮廷舞踏会の初めのペアダンスとしての定形の踊り方がある。宮廷舞踏会のみならずオペラやバレエなど舞台作品でも踊られたので、様々なタイプのメヌエットが存在する」


 …とは言え、コンサートのためのレッスンばかりしていた訳ではない。ゴールデンウィーク間近なので、今日は朝から家中のお掃除だった。巣立った息子たちを迎える準備だ。GW初日には東京から長男が帰省、GW前半は次男ファミリーがよちよち歩きのベイビーちゃんを連れて来訪。いっぺんに大人数になるため、お料理も大量に作ってストックした。そうそう、次男のお嫁さんは、マリーアントワネットの時代の西洋文化史で卒論を書いたので、宮廷文化に詳しい。教えてもらおう



花いっぱい♪

風薫る五月が近い。若葉が芽吹き、新緑が鮮やかだ。オフの日に書斎にしている(?!)公園のイングリッシュガーデンも花盛り。

いつの間にか「芍薬(しゃくやく)」が花開いていた。大きな大きな花だ。チューリップもドレミの音程の高低のように咲いている。

image_201704220832156dc.jpg

そう言えば、最近は「花束」を頂くことがなくなった。論文執筆や学会発表に精出して、コンサート出演は控えていたためだ。

「花束」といえば思い出す。大学院の公開授業に初めて参加した時、招いてくださった三上先輩に、「おめでとうございます~」とばかりに花束とお菓子を手渡した。私は、音楽家としてのマナーをしっかり踏襲したつもりだった。先輩は、「なんじゃ コラ??」とびっくりしておられた。当たり前だ、学問の聖域で行なわれる「講義」に花束を持参したのだから。

時を経て、花束はないけれど、空間に消えてしまう声楽芸術が「紀要」という形で文字に残った。これは新しい経験だ。桜三昧で過ごした春も過ぎる…。

image-1_20170422182816086.jpg

新しい経験と言えば、大学院専攻科の同窓会設立に関わらせて頂いている。もっと大先輩で社会人の重鎮はたくさんいらっしゃるが、たまたま、設立の時期にタイミングよく居合わせた。本当に良い経験だ。三上先輩がHPまで作ってくださった。

もし同窓の方がいらっしゃったらご覧下さい。 
 大阪教育大学大学院 健康科学専攻 同窓会HP

プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
健康科学(歌唱)研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座担当


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ