丸善 京都本店

 奈良と京都へ出講の日。レッスンを全て終えて向かったのは河原町。音大生の頃、京都へよく遊びに来た。この街は若かった学生の頃の懐かしい匂いがする。

 目的は丸善・京都本店。そう、あの梶井基次郎の「檸檬」で有名な書店だ。京都の夕暮れ、白熱灯がぽっと灯る頃、いつもこのレモンを思い出していた。この本には、自分の学生時代に、ささやかな贅沢をまねした一節がある。

 「生活がまだ蝕まれていなかった以前私の好きであった所は、たとえば丸善であった。赤や黄のオードコロンやオードキニン。洒落た切子細工や典雅なロココ趣味の浮模様を持った琥珀色翡翠色の香水瓶。煙管、小刀、石鹸、煙草。私はそんなものを見るのに小一時間も費すことがあった。そして結局一等いい鉛筆を一本買うくらいの贅沢をするのだった」檸檬より
gazou-022-600x400[1]
 私が京都に憧れを抱くワケは、父が学生時代をここで過ごしたこと。祖母も高等女学校で大正浪漫そのものの乙女時代を過ごしたこと。父も祖母も、丸善の書店に立ち寄っていたかも知れない。

 いったん閉店したこの書店は2015年、10年ぶりにオープンした。しゃれた都会的なビルの中に生まれ変わった丸善が入っている。

image-1_20171116013724c7c.jpg

 ここへ来た目的は、棚に並ぶ自分の本に出会うためだった。河原町の雑踏を抜け、たどり着いた本の杜は、外界の喧騒がウソのようだ。嬉しいことにオペラや声楽の棚に本は並べられていた。怪しげなボイトレ本と一緒でなくて良かった。檸檬は置いてこなかったけれど、著者としてお店にご挨拶してきた。

 声楽という一日の業を成し終えお腹はペコペコ。併設のカフェで一人、ここで自分の本に出会えたお祝いをやった。早矢仕ライス(ハヤシライス)、そしてもちろんレモンケーキ。大学院で論文をまとめていた頃は、こんな日が来るなんて思いもしなかった。

  image_2017111601573930e.jpg

  憧れの書店に本を置いていただけたのは、編集者さんの尽力に他ならない。ネットに強い大手との連携で、札幌から沖縄まで全国展開となり本が行き渡った。出版社ペンコムさんが切り開いて来られた道を思う。

 おかげで丸善やジュンク堂のウェブサイト honto の音楽理論ランキングで一位だそうだ。音大生のバイブル「音楽理論」よりも上だなんて。

11/15 honto ランキング  ペンコムさんからのお知らせ
11/12 honto ランキング  ペンコムさんからのお知らせ 

入手くださいました皆さま方、本当にありがとうございます。そしてブログを訪れてくださる方、いつも読んでいただき心より感謝いたします。

「赤とんぼで学ぶ シンプル声楽法」ご興味おありの方は、honto サイトで丸善・ジュンク堂の在庫状況をご覧ください。

全国の丸善やジュンク堂などの在庫状況 ←クリックをどうぞ!

その他 書店で入手・ご予約・お取り寄せが可能です。

 さて、本を書いているうちにさらにまとまってきた考えは、大学の論叢(紀要)に投稿する論文(…と言えるかどうか、論文の切れっぱしかも)に仕上げて受理された。書く方は少し一段落かな。また演奏の練習に戻らなくちゃ…。新年のレクチャー付きコンサートも控えている。

歌声生み出す産婆さん♪

出版社ペンコムのfacebookより…

「とにかく手っ取り早く、歌が上手くなりたいねん。
セミナーですぐに声ががらがらになってしまう。
ええ声で長く話せる喉が欲しいねん。
先生、そんな方法ありまっか〜」

と わがまま放題のわたくしに、
声楽家で研究者の中野陽子先生は、とっても美しい声でいいました。

「ますださん、
からだが持っている声をうまく使えていないだけなんですよ。
楽器として調えて、本来の声を目覚めさせましょう」。

「え!そないなことができるんでっか? 難しいのは嫌でごんすよ」
・・・という、
編集者・増田の超絶わがままにこたえて書いてもらった本です。
購入者特典・レッスン動画もダウンロード出来ます。
年末年始、もう、マイクをはなすことができない!

image_33952_400_0[1]
兵庫県知事を訪問した時の集者編集者増田さん(左端)
この時の著者は元タカラジェンヌ


これは、編集者増田さんと本の方向性について
初めてお話した時の模様です。
実際は、毅然と上品にお話されましたよ。

とっても美しい声で答えた(らしい?)私の心の叫びは、
「お~DONと来いや~♪
ますださんのお腹の中に眠る
声というお宝(おたから)を生み出す産婆さんになりやしょう~♪」
でした。

以降、編集者さんと著者は
パソコンのキーボードを前に、
書き、朱入れし、ちゃぶ台返がありぃのでも、
ご互い「ったく もう~(努!)」とツユ思わず、
お腹の底からの美声を生み出すべく
本づくりという努めに黙々と励んだのでありました。

編集者さんはできた本を可愛いわが子と言ってくださいます。
レッスン動画もつくってくださいました。ご覧下さいね↓

…………………………………………………………………………………
クリックしてね シンプル声楽法 5つのレッスン

「551の豚まん」の「あるとき~ないとき~」のなるみちゃんのお母さん役の方も「ワッハッハ」と笑って発声してくれてます。サロン生でもあり、みんなが協力してくれた動画です。

1

…………………………………………………………………………………

さあ~今日は、院の研究室での後輩の中間発表。
懐かしい同輩も出席とのこと。
お世話になった先生方にも出会えるし、楽しみです♪

キャンパスで歌う♪

キャンパスで歌う機会が続けてありました♪

 先ずは、大阪教育大学大学院健康科学専攻の同窓会総会です。「世界一受けたい授業」にも出られた木寺英史先生(共立大学教授・2012年修了生)の、錯覚のスポーツ身体学の講座がありました。そして学生ホールで懇親会。三上香子先輩の流れるような伴奏とともに「記念日の歌」でオープニングを飾らせて頂いたのです。

21071104C2E7B6B5C2E7B3D8B1A1C1EDB2F1[1] 
写真は木寺先生のHPよりお借りしました

 阪神タイガースのメンタルトレーナーはじめ、元 社会人大学院生には、すごい人がウジャウジャ!同じ研究室だった同期の仲間も参加。大学を職場とする彼女たちの志は、院生時代とちっとも変わらず、力もらえました。強くて優しい前向きな心に拍手♪

 続いてあくる日は、ハルカスのキャンパスフロア・大阪健康福祉短期大学アバンスペースで歌いました。

images[5]

 理事長の平尾達夫先生(特任教授)の「宇宙・生物進化と子育て」の講座がありました。ホフマン物語のオペラアリアが、星空のもとでの語らいを思わせるので、先生のお話に合わせて「星の世」と「ホフマンの舟歌」を選曲していました。

 ハルカスの窓外に広がる大空に、宇宙の科学を思いつつ歌うのは、なんとも爽快でした。立派な先生方を前に、御前演奏のような気分でありましたが、続く「コミュニケーションを主体とするワークショップ」につなげました。

 昨年の今頃では考えられない展開に、キャンパスを通して、人とのつながりが新たに結ばれてゆくのを実感しています。

 前々日も出張コンサート。こちらは、気のおけない学生時代の友人たちと。。キャンパスで生まれたつながりが、聴くお客様も演奏する自分たちも楽しいひとときにつながって、歌で皆さんに喜んでいただけてありがたいなあと思います

サロンはイキイキ♪

 サロン生も本の発売をとても楽しみにしてくれています。とはいえ、この本の元となったのが、サロン生への調査研究だったので、彼らは自分たちの「歌」の取り組みを、本を読んであらためて振り返ることになります。
赤とんぼで学ぼう シンプル声楽法

 歌う効果がどれほどか、ちょっと、サロンをのぞいてみてくださいね。画像はいつものように、心強いサポートの田中真澄さんのブログからお借りしています。

o0426064014057994154[1]

 スッキリ伸びた背筋…全く歌うことのなかった段階からレッスンを始めたMさんの姿勢です。上手く歌えるようになるうち、こんなステキなスタイルを手に入れて、お話の声もふんわり豊かに響くようになりました。

o0960066414057994124[1]

 こちらはなんと、アラウンド80の方のお姿です。みんなの歌に合わせてバレエを踊ってくださってます。なんでこんなに良い姿勢なの?!歌唱と舞踏の相乗効果ですね、きっと!!

となりで感激する私が太く見えます、ご容赦を…(゚△゚;ノ)ノ

IMG_20171023_125902.jpg

 読売からお誘いがあって開講した市の施設「松原テラス」も満席です。台風一過のこの日、くっきり晴れて青空になりました。

 近年「肺炎がいやなら喉を鍛えなさい」の本がベストセラーになるなど、従来の歌好きとは異なる、あらたな歌唱初心者の層を感じさせる開講日。この層の方々には、従来のボイスレッスンのように沢山の量をこなすことなく、負担少なくより効果的にポイントをギュッと絞った内容を届けできる… これがサロン生を対象に研究をまとめた成果かなあ。

 本ではこれをやさしいメソッドにしています。サロン生が楽しく歌うことが、広く社会の裾野の健康を底上げすることにつながってホントに嬉しいです

1 「シンプル声楽法」


写真をお借りした真澄さんのブログもご覧くださいね。
マイブランディング

シンプル声楽法♪

出版予定の本は、ありがたいことに全国区で、
図書館からもお問い合わせがあるそうです。
大阪梅田の紀伊国屋書店やハルカスのジュンク堂その他で
予約受付も始まりました。
詳しくはこちらをクリック! シンプル声楽法

1

 今日は著者さんとしてハルカスのジュンク堂へ行きました。サロン生の方達もテキストとして使うので、置かれる棚のチェックです。声楽なので、オペラのゴージャスな本と一緒に並ベてくれるそうです。なんだか、オペラのステージに登壇する気分です。


 「シンプル声楽本」はコンパクトで軽く、バッグでの持ち運びにも便利。可愛がってやってください。レッスン生の取組みから導いたエビデンス(根拠)にもとづいて、ほんの5つ凝縮したメソッドを、スッキリ ギュッと紹介しています。


 ホッとする間もなく、本の完成後は、またまた論叢に投稿する論文を仕上げてました。10月末日の締め切りには間に合いそう。なので、お茶する時間なく、下のハロウィン仕立ての栗のパフェとカプチーノの写真はちょっと前のものですが、またゆっくりティータイムしたいなあ。

_20171017_083842.jpg

 本と動画レッスンがリンクされ、ネット配信されるそうで動画撮りもありました。生(なま)のレッスンではなく、カメラ目線でにこやかに語りかけるレッスンも無事クリア。撮影機材かついで遠く関東から来てくださった撮影者様、編集者で出版社社長の増田様、歌声で協力してくれたサロン生さん、ありがとうございます!


 お!そうそう!! 動画のサロン生さんの中に、551の豚まん「ある時~ない時~♪」のなるみちゃんのお母さん役で出てた人もいますよ。動画撮りも完了した帰り際、別の講座の先生とお話しました。声楽家らしい発声なので「声楽ですか?」と聞くと、なんとウィーン国立音楽大学で学んだとのこと。おお!サロンに宝石のような人材が~と嬉しくなって話がはずみました。

 
 この方曰く、今の年齢の方が声は一番出ると…。「ですよねえ」と応える私。「なんか上手くなった気ぃしません?」とたずねると、おおいにうなづく先生。ここにも共感できる、後進を真摯に育てる声楽の同士がいました。サロンには、ホントに色々な人が去来するものです。

プロフィール

Diva

Author:Diva
中野陽子

声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ