本ができました!

アマゾンで予約注文はじまりました!

書籍紹介ページにとびます、クリックしてね→♪♪♪


「赤とんぼ」で学ぼう

歌が上手くなる 「シンプル声楽法」

ひとりでできる みんなで楽しい 5つのレッスン



9784295401353.jpg

発行 株式会社ペンコム
発売 株式会社インプレス



11月10日発売予定です。
間もなく本屋さんに並びます。

夏の間、編集者さんとの間で
朱入れ・加筆修正した原稿が行ったり来たり。
秋に入ってからは、
校正を重ね さらに丹念に内容を磨きあげました。

出版社の社長でもある編集者さんは、
できあがった本を印刷に回す時、
「わが子を旅に出す」と表現してくださいました。
一冊に込めた愛情が伝わります。

カバーデザインもすっきり、
レッスンのイラストも入っています。

240_F_87792607_BJyAhY8vQsFWLfSjcCXmu1wheNPWlTim[1]

恩師 故 嘉納愛子先生から伝えられた
山田耕筰直伝の音楽観や演奏法を、
文章にして残すことができて肩の荷が下りました。
けれど、本に書いたのは、わずか一部分にすぎません。

修士論文を書いた時のわたしの願いは、
「声楽という敷居の高いクラシックのスキル習得を、
やさしい『メソッド』に替えて親しんでもらいたい」
「サロン等での日頃のレッスン風景から抽出した
声楽の効果を、わかりやすくやさしい形で
さらに沢山の方々にお伝えしたい」…このようなものでした。

これからも「山田耕筰歌曲」の行脚は続きます。

※ 
サロン生の方々は教室最寄りの、
ジュンク堂 ハルカス店その他で入手できますので、
書店で手に取ってみてくださいね♪


キャンパス便り・。・。♪

 久しぶりに小型ハープを演奏する元生徒さんから電話があった。来年早々、ハルカスのキャンパス・フロアで担当する講座は、コンサート付きでと思っていたのでさっそくお誘いすると、協力を快諾してくれた。メンバーが4人に増えたと言っていた。音に厚みが加わったと思う。早いもので、もう来年のお話だ。


imagesC1ZRRF0Y.jpg


 これは、大阪健康福祉短期大学の特任教授(美術)の展覧会とのコラボレーションだ。美術と音楽の溶け合う空間を、健福祉短大のアバンスペースで演出できればと思いつつ、少しずつ年明けの構想を練っている。ところで、キャンパスフロアへは館内で迷う方が多い。道順を少しご紹介すると…


imagesIHSGKW3Q.jpg 地階のエレベーター


近鉄百貨店タワー館地下のエレベーターに乗って17階へ。シュッとしたビジネスマンが行き交う企業フロアの17階で乗り換えて、エレベーターで23階へ。


images[5] 企業フロア17階


 年明け講座の前に、もうひとつ11月講座がある。ここでも声楽の独唱をさせて頂く。今、チラシを制作してくださっているので、届き次第案内させて頂きます。imagesDC6KY654.jpg  

 本の出版が結構遅れていたが、お知らせできる段階にたどり着いた。11月11日が発売予定なので追い込みに入っている。只今、本の校正で編集者さんとやり取りしている。世に送り出す一冊に愛情をかける編集者さんだ。専門家の気付かない読者の感覚で、うまく原稿を導いてくださった。


 声楽をシンプルなメソッドに凝縮して、どなたもが取り組める本にするのが希望だった。いわゆるハウトゥー本だが、エッセイのように読み物としても楽しめるものになる。週明けには、カバーデザインも出来上がると聞く。


 こちらの方も追って案内させて頂きます。楽しみにしててください♡

今さらながらにハルカスのお話・。・。

 朝からすごい豪雨の日。小止みになったのをみはからってサロンにいそぐ。サロン生さん来てくださるかな…。時間的には早くハルカスに着いたので、珍しくお店でカフェラテとサンドイッチの朝食をとった。窓につたうのは、物憂げな秋雨の雫。


_20170912_095049-1.jpg


 …なんて、カッコイイ朝のワンシーンだけど、ここはハルカス美術館上階の「ファミマ!」です。企業階のビジネスマンに混じって、ピリッと張った空間に身を置くのがとても心地よい。


 ハルカス保育園から「子どもに傘きせて、ワタシずぶぬれ~!」と声が響く。子どもを預けに来る「ママさんビジネスマン」だ。本降りのザザ降りにもかかわらず、ホント、明るくてたくましい。


IMG_20170912_095900.jpg


 エレベーターで一挙に階下へ降り、サロンに行くと、目まぐるしいレッスンの1日が始まる。空き時間も、ハルカス・スタジオでピアノの練習が心おきなくできる。


 あくる日は、23Fキャンパスフロアで、大阪健康福祉短期大学アバンスペース9月18日講座の準備会議があった。1月中旬に美術とのコラボもほぼ決定した。

 母校となった大教大院の天王寺キャンパスもここから歩いてすぐ。なので、アカデミックな知の宝庫からのアウトプットとインプットも、実にバランス良くできるようになった。


 ハルカスが生活の場としてなじんだと実感する。今さらながらに。ハルカスって実によく計画されたひとつの小さな都会だったのだ。


 サロンでレッスンした曲は「ウィーン夢の街」だった。



歌詞の2番に、高い空から塔を見下ろしているシーンがある。


♪・。・。♪・。・。♪・。・。♪・。・。♪

いつの日か この世に わかれるその日
晴れわたる 大空に この身はただよい

はるかに見下ろす シュテファン寺院の尖塔に
永遠の わかれを告げよう
はるか聞こえてくる 楽しい歌声
ウイーン ウイーン お前は心のふるさとよ
古びた街角 可愛い娘達
ウイーン ウイーン お前は私の 夢のまち
幸せあふれる 夢のまち ウイーン

♪・。・。♪・。・。♪・。・。♪・。・。♪


どこか、高層のハルカスを思わせる歌詞だ。愛する街に流れる歌声が聴こえてくるよう・。・。♪


ご案内

 オープニングで歌います♪

 ハルカス23Fキャンパスフロア 大阪健康福祉短期大学アバンスペースで講座があります。都会のビルディングへ学びに来ませんか?!

 第一部は下記にご案内の通りです。第二部は学長(医師)のお話です。お時間あればお越しください。

_20170907_213305.jpg
お申込み:06-6621-3270まで


健康科学専攻同窓会

 修了後の活動報告を兼ねた講座と懇親会を、下記の通り催します。わたしは会の世話人をさせていただいています。前専攻長の山田教授もお越しになりますよ。

_20170907_215344.jpg

お申込み:「こくちーず」のサイトにて ♪♪♪


本の出版について

 お待たせしました!11月11日出版を目途に、只今フル活動中。シンプルに声楽が学べるレッスン本、どうぞ宜しくお願いします

 出版社の社長さんが、本の最後の詰めのため、サロンへお越しくださいました。原稿も、デザイナーさんの手によって、ずいぶん本らしくなっています。ワクワクです。

 すでに出ている「時のまちを創る あかし本」のお話が聞けました。本がきっかけで、明石からグリニッジ天文台までピアノコンサートでつないでゆくのだとか。本の力って偉大ですね! 
≪出版社ペンコム ♪♪♪

赤とんぼ

いよいよ9月…

山田耕筰作曲の「赤とんぼ」の歌に

ふさわしい季節となりました。

ウェブ上でこんな貴重な資料を見つけました。

本をクリックするとページ全体が出てきます。


image[1]


この歌の歌い方について耕筰自身がアドヴァイスしています。

「上手 上手 に歌おうと思わなくていいのです。…中略…

みなさんが歌いたいままをお歌いなさい。

それがホントウの歌です。」


image[2]


作詞の三木露風の故郷は、兵庫県たつの市です。

城下町の落ち着いたたたずまいと

たゆとうような川の流れ…

「赤とんぼ」の歌詞には、こんな背景がありました。


image[2]


耕筰は、この美しく懐かしい言葉の一音一音を

音楽に紡いでいったのでした。

プロフィール

Diva

Author:Diva
声楽家 ソプラノ歌手
声楽の健康科学 研究者


大阪教育大学大学院
教育学研究科
健康科学専攻
人間科学コース
発達人間学研究修了
修士(学術)


相愛大学音楽学部
声楽科卒 芸術学士
・山田耕筰の孫弟子
・声楽の恩師は
 109才まで現役指導を
 貫いた(故)嘉納愛子氏


サンフランシスコ
コンサーバトリー
音楽院(4年制音大)
にて研鑽を積む


ハルカス・サロン講師


大阪健康福祉短期大学
アバンスペース
健福興隆ハルカス大学
講座 講師


♪******♪******♪


声楽とは
歌声を楽しむこと

花束の香りを
かぐように息を吸い
花びらの音符を
ちりばめて
歌いましょう♪

クラシック歌唱は
心身を健やかに導く…
そんな研究を
アカデミックに
発信しています

かつて暮らした街
サンフランシスコの
思い出とともに、
歌が紡ぐ日々の暮らしを
エッセイ風に綴ります

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ